ヨハネハウスの省エネ

ホーム > ヨハネハウスの家づくり > ヨハネハウスの省エネ

冬は暖かく、夏は涼しい住まいをデザインする

ヨハネハウスの省エネ

できる限り少ないエネルギーで「冬暖かく、夏涼しい住まい」を実現させようとしたとき、まず基本として考えるべきなのが「断熱性能」です。
冬場は室内の暖かさを外に逃がさないこと、夏場は外の熱を室内に入れないようにすることが、快適で省エネルギーな住まいの基本になるからです。
とくにヨハネハウスでは、広がりのある空間をプランニングしていきますが、その広がりのある空間全体が均一な温度環境になれば、これまでのわが国の住まいが持つ「家の中にある温度差」という不快さから逃れられます。ただ、これは別の見方をすれば、多くのエネルギーが必要になってくることになります。しかし十分な断熱性能を実現することで、熱の出入りを抑えられるようになり、少ないエネルギーでも家全体の温度を均一にすることができるのです。また断熱は室温(室内の空気の温度)と部屋に面した材料の表面温度との差を小さくする働きをします。体感温度はこれらの平均となるため、快適であるはずの室温になっていても、たとえば壁の表面温度が室温と異なっていれば実感として快適とは感じられないことがあり、こうしたことはみなさんも経験されているのではないでしょうか。

ヨハネハウスでは、快適で省エネルギーな住まいを実現するための最もベースになる断熱性能を最新の省エネルギー基準である「次世代省エネルギー基準」レベルに設定しています。

OMソーラーシステムを使う

このシステムは太陽の日射熱を屋根で空気に蓄え、その空気を床下に送って床暖房するというシステムです。屋根で日射を受けること、熱の利用効率がよく、トラブルの少ない空気に蓄熱させること、基礎を蓄熱体として利用していることなど、極めて合理的で、しかもシンプルなシステムを持つ自然エネルギー利用装置なのです。

さらには、夏場には換気装置としても働き、お湯採りのシステムも付加できます。ただ、OMソーラーシステムのおもしろさは、こうした機能性、合理性だけではとらえきれません。毎日の天候に関心が向かうようになり、太陽のありがたさを感じながら住まいの快適性をつくり出す実感が生まれるのです。省エネルギーのことに配慮する暮らしが生まれるご家族もたくさんおられ、実際に「省エネな暮らし」を実現されています。

ヨハネハウスでは、こうした様々な優れた特長をもったOMソーラーシステムを積極的にご提案しています。

【冬のしくみ】

ヨハネハウスの省エネ

【夏の採涼のしくみ】

ヨハネハウスの省エネ

快適な暖房設備のご提案

ヨハネハウスの省エネ輻射型暖房器である蓄熱式暖房器は部屋全体をやわらかく暖めてくれます。

わたしたちはOMソーラーシステムのことを学んでいく中で、熱の動きや快適性のことを深く知るようになりました。そこで、OMソーラー以外にも優れた暖房設備をご提案するようになっています。

暖房にはエアコンやファンヒーターなどの「温風型」と、床暖房やオイルヒーターなどの「輻射型」があります。温風型の暖房器は速く暖まるという長所はあるものの、エアコンは上下の温度差がつきやすく、ファンヒーターは部屋の空気が汚れるという短所を持っています。輻射型の暖房器は「やわらかな暖かさ」が得られ快適ですが、暖まる速さに欠け、ランニングコストがかかってしまうという短所があります。

こうした従来の暖房器の長所を持ちながら、短所が少ない暖房器が「蓄熱式暖房器」と呼ばれるものです。これは安い深夜電力を利用して蓄熱させ、日中に放熱します。基本的に輻射型であるため、とても快適な暖房となります。
またファンによって暖める速さも得られます。とくに断熱性能の高いヨハネハウスの住まいに合った暖房と言えることから、わたしたちはこの「蓄熱式暖房器」をお勧めしています。

「夏 涼しく」を実現させるために

ヨハネハウスの省エネ吹抜けは「1階から2階へ」という風の流れをつくります。

すでに述べたように、冬場の快適性は「レベルの高い断熱」と「適切な暖房方法」によってつくり出すことができます。
OMソーラーや蓄熱式暖房器に次世代省エネルギー基準レベルの断熱性を組み合わせることによって、冬場の快適性は高いレベルで実現するわけです。

次に夏場ですが、ここで重要になってくるのが「日射を遮る」「風通しをよくする」ということです。とくにここでは建築的な工夫が必要になり、わたしたちの設計力が生かされます。まず日射を遮るというところでは「軒や庇」「窓周りの工夫」「植栽」などがポイントになってきます。冬場の日射の様子も考えながら、こうした工夫を盛り込んでいきます。

風通しはプランがとても重要になってきます。わたしたちは水平に抜ける風だけではなく、吹抜けを利用する「1階から2階へ」という風の流れにも配慮します。またOMソーラー+採涼システムによる換気も夏場の快適性の向上に寄与します。

ヨハネハウスではこうした様々な工夫と配慮を盛り込むことにより、エアコンに頼らない「夏の涼しさ」を実現しているのです。

ヨハネハウスの家づくり