ヨハネハウスの空気環境

ホーム > ヨハネハウスの家づくり > ヨハネハウスの空気環境

木の家できれいな空気をデザインする

ヨハネハウスの空気環境空気をデザインするという発想で材料選びを行っています。

わたしたちは「空気をデザインする」という発想を持って家づくりを進めています。健康を害さず、快適に過ごせるために、常に室内の空気が清浄な状態になるように空気をデザインするわけです。その基本になるのが「確かな素材を選ぶ」というところです。

ここで重要なポイントは、長い時間を過ごす部屋については、室内に使う材料からできる限り接着剤などの合成樹脂を排除することです。それはつまり「自然素材を使う」ということに他なりません。

ヨハネハウスでは、床にはムク材のフローリング、壁には珪藻土を利用した左官材料を使うなど、「室内に面したところに使う材料」についてシンプルな自然素材を使うことをご提案しています。

実測によって高いレベルのシックハウス対策を追求

ヨハネハウスの空気環境ホルムアルデヒド測定の様子。

健康的な室内環境を実現させるためには、「確かな材料を選ぶ」ということを中心に、換気のことなども考えていくことが必要ですが、何より重要なのはそうした検討により、「実際にどのような空気環境になっているか」ということです。この確認があってこそ、さらに材料や換気をどうすべきかが見えてくるはずです。

ヨハネハウスでは、ホルムアルデヒドはもちろん、シックハウスを引き起こす恐れの高い化学物質について実測し問題がないかを確かめており、またそうした研究によってさらに高いレベルのシックハウス対策を追求しています。

ヨハネハウスの家づくり