メニュー

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)

ZEHとは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次エネルギー消費量の収支(空調・給湯・照明・換気)がゼロとすることを目指した住宅」です。

地球温暖化ガスの削減が課題となっている現代において、「省エネルギー」の暮らし方がより重要視されるようになりました。国土交通省・経済産業省・環境省が合同で設置する「低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進会議」では、2020年までにすべての新築住宅・建築物を対象に省エネルギー基準への適合を義務付ける方針が打ち出されています。


ZEHの要件

下記4項目に全て適合する住まいがZEHとして認められます。

  • ①強化外皮基準値のクリア
  • ②基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量の削減
  • ③再生可能エネルギーの導入(太陽光発電など)
  • ④再生可能エネルギーと差し引きし、基準一次エネルギー消費量から100%の一次エネルギー消費量を削減

ZEH普及目標

ヨハネハウスの2020年までのZEH普及目標

ヨハネハウスのZEH目標平成28年度平成29年度平成30年度平成31年度平成32年度
ZEH受託率20%30%55%60%75%
  • ZEH受注率実績
  • 平成28年度:0%
  • 平成29年度:0%