ヨハネハウスの設計・ヒアリング

ホーム > ヨハネハウスの家づくり > ヨハネハウスの設計・ヒアリング

ライフスタイルに合う間取りこそ理想。
そこまでするの?を当たり前に

ヨハネハウスのヒアリング・設計提案したプランの一例。
接する道路、キッチンからの目線(赤線)も考慮して設計します。
ヨハネハウスのヒアリング・設計風の通り道(水色線)も家づくりでは重要な項目。
設計の段階からきちんと提案させていただきます。

家づくりに求められるのは安心で安全な構造設計だけではありません。家族のライフスタイルに合わなければ、せっかくの設計も無駄になってしまいます。

ヨハネハウスはライフスタイルに合う間取りこそ理想と考えています。そのため、お客さまへのヒアリングは徹底して行います。

ヨハネハウスのヒアリング・設計提案したプランの一例。
接する道路、キッチンからの目線(赤線)も考慮して設計します。

帰宅したお子さまがリビングに居るお母さんに「ただいま」と言ってから、子ども部屋に行くようにしたい、、、
お子さまが受験を控えているので、個室をリビングから離して静かな環境で勉強させてあげたい、、、

他メーカーでは「そこまでするの?」と言われることも、ヨハネハウスでは当たり前。

理想の住まい、思い描いているイメージ、性能、設備、資金、土地に関するお悩みはもちろん、接する道路との関係、周りの風景、隣の家からの目線など、、、
これからその場所にお世話になるのですから、ヨハネハウスは徹底してご提案させていただきます。自分の家はどちらを向いていたいのか、その敷地に立ったとき、いつもどの方向を向いているのか、、、家づくりに関して、建設地をとりまく環境については、特にきめ細やかなプランニングを行います。

ヨハネハウスのヒアリング・設計風の通り道(水色線)も家づくりでは重要な項目。
設計の段階からきちんと提案させていただきます。

設計において、
「お陽さま」との上手なお付き合いも重要です

ヨハネハウスのヒアリング・設計ヨハネハウスオリジナルの「陽模型(ひもけい)」。
太陽の動きをシミュレートし、快適な設計を可能にします。

家づくりをとりまく環境の中でも、「お陽さま」は、わたしたちの努力では変えることができない存在です。いかに快適な家づくりを進めてゆくか、という点で、「お陽さま」と上手くお付き合いすることが非常に重要となります。

左の写真は、冬至の日の太陽の出~入りを時間ごとに地表面を水準とした太陽の角度を示した「陽模型(ひもけい)」と呼ばれるものです。もちろん、ヨハネハウスオリジナルです。

扇状の形の向かって一番右が、朝8時の太陽の東西方向の角度、斜めのラインが地表面を水準とした高さの角度で、丁度、正面の真ん中が12時(正午)、向かって一番左が、午後4時を示しています。

それぞれ、中心に向かっている所に、大きな吹抜けと、スケルトンな手摺のあるキャットウォークがレイアウトされています。これにより、この窓からは冬の天気のいい日は一日中、家の奥まで、燦々と直射日光が降り注いでくれるのです。

「お陽さま」のことを良く理解していれば、冬でも燦々と日当たりが良く、夏は直射日光が家に入らないような設計が可能になるのです。言いかえれば、「お陽さま」を理解せずして、快適な家づくりは出来ません。ヨハネハウスは木の家を建てる際、着工前には模型を作成して、太陽ときちんと向かい合った上でプランを設計、快適空間を実現します。

ヨハネハウスの家づくり